HOME>Review>みんなの声を参考にしよう!どんな時にAGAを疑った?

みんなの声を参考にしよう!どんな時にAGAを疑った?

ブラシ

どんなきっかけでみんなはAGA対策を始めたのでしょうか。まだ薄毛になっていない人も、パートナーが薄毛に悩んでいる人も、チェックすれば薄毛に関する実情を知ることができます。

レビュー一覧

抜け毛が増えてきたので。(30代/男性)

AGAが発症したのは突然ではなく、だんだん抜け毛の量が増えていったことで気がつきました。お風呂でシャンプーするたびに抜け毛が増えていって、中央の分け目の頭皮が目立つようになりました。おじいちゃんも父親がハゲているので、自分もAGAの遺伝子を受け継いでいるのだろうなとちょっと覚悟していましたが、やっぱり薄毛になるとショックなものです。慌てて頭皮に発毛剤を塗っても手遅れで、抜け毛は減っても薄毛は治らず。結局、医療機関で治療を受けることにしました。通院しているのは地元の神戸にあるAGA治療の専門外来です。薄毛治療の専門外来だけに治療のメニューが豊富で、予算に合わせたプランが組めるので気に入っています。

以前よりボリュームが減ってきたので。(50代/男性)

若いころはけっこう髪の毛がフサフサでこしもありました。なので、すっかり「自分はハゲないだろう」と安心してあまりケアをしないでいたのが良くなかったみたいです。50代になってから髪の毛が抜けやすくなり、頭皮が露出する状態になり焦りました。残っているわずかな髪の毛もこしがなくなり、ボリュームダウンしてみすぼらし外見になり、自分に自信がなくなったほどです。今は少しでも昔のようにボリュームを出せればと、神戸にあるAGAクリニックに通院しています。AGAクリニックなら薄毛に詳しい専門医がいるし、治療の選択肢も幅広いです。AGA治療をスタートして来月で約5か月になりますが、わずかながら髪の毛にこしが出てきています。